太陽光発電設置工事の工事業種は?

投稿日時

「太陽光発電設置工事」はどの工事業種にあたるのでしょうか?

発電設備だから「電気工事業」なのかそれとも屋根の上に設置するから「屋根工事業」なのか発電して給湯設備として利用するなら「管工事業」が必要となるのか頭を悩ませるところではないかと思います。

このような情報というのは、あまり出回っていないのですが、手引きによると次のように記載されています。

① 集熱器を使用し、太陽光エネルギーを温水などに変換し利用する
ソーラーシステムの設置工事は管工事

② 太陽光パネル(太陽電池モジュール)等により、太陽光エネルギー
を直接電気に変換し利用する太陽光パネル等の設置工事は電気工事

③ 太陽電池が組込まれた屋根材一体型及び太陽電池自体が屋根材と
して機能する屋根材型の設置は屋根工事

また、平成26年12月25日から、「建設工事の例示及び区分の考え方を定めるガイドライン」が改正され、太陽光パネル設置工事について下記のとおり明示されました。

屋根一体型の太陽光パネル設置工事は『屋根工事』に該当する。太陽光発電設備の設置工事 は『電気工事』に該当し、太陽光発電パネルを屋根に設置する場合は、屋根等の止水処理を行う工事が含まれる。

詳しくは、国土交通省のHPでご確認ください。

ただし、これらは設置工事の場合で、太陽光発電設置工事を含む大規模の建設物や工作物を一括して請け負う場合には、「建築一式工事業」や「土木一式工事業」等の許可が必要となる可能性があります。