田岡・斧田シェア理論

故田岡先生と社会統計学者の斧田大公望先生が、クープマンモデルを解析して導き出した市場シェア3大目標値。73.9%上限目標値。、41.7%安定目標値。26.1%下限目標値。クープマン目標値とも呼ばれるが、開発したのはあくまで田岡・斧田両先生であり、誤解を招くので3大目標値を田岡・斧田理論と呼ぶ。この発見から10年後、故田岡先生が販売戦略・競争戦略の理論と実務体系として、ランチェスター戦略を発表するに至る。


▲このページのトップへ