石田雄二税理士事務所 > ビジネスにサクセスを! > 新規開拓候補先の選定基準

新規開拓候補先の選定基準

新規開拓候補先の選定基準は、弱者の場合、一騎討ち戦で戦うべく、仕入先が一社しかない先を狙う。一社独占しているオンリー顧客は、とりつく島がないように思いがちだが、一社独占は不健全であり、他も試したいと発注側は考えるもの。ライバルが一社であれば、勝つか負けるかは五分五分。既存納入者に差別化すれば、取引口座開設も十分に可能。強者の場合、需要が大きい順に狙えば良い。強者とは地域のNO1。1位はそれだけで宣伝材料であり、説得材料である。競合数が多ければ確率戦であり、強者に有利。


▲このページのトップへ