弱者の戦略

ランチェスター第1法則(戦闘力=武器効率×兵力数)から導き出された。武器効率を上げることを「差別化」という。弱者の基本戦略である。限られた兵力を集中することにより、その局面での兵力優位の状況を作り出すことはできる。これを「一点集中主義」という。その他、接近戦(顧客に近づくチャネル戦略・営業活動)、局地戦(地域やビジネス領域の限定)、一騎打ち戦(競合数の少ない戦い)、陽動戦(敵の裏をかく奇襲戦法)などがあげられる。


▲このページのトップへ