弱者と強者

市場シェア1位の企業を強者、それ以外をすべて弱者と呼ぶ。競合局面ごとに判断する。地域、客層、顧客内、販路内、商品の別に異なる。経営規模ではないので、大企業の弱者、小企業の強者もある。局面ごとに判断するのは、弱者と強者とでは戦略が180度異なるから。なお、市場シェア1位にあっても、26.1%を下回っている場合は、原則として強者の戦略は取れない。


▲このページのトップへ