市場構造「点・線・面」

地域を定量的に捉えるのみならず、地形・歴史・土地柄など定性的に捉えることが大切。中でも商圏の広がりを点・線・面の構造で区分する市場構造と、土地柄(住民気質)をうちもの・そともので区分する市場体質が重要。点とは、盆地や島や半島のような他地域と分断された狭い商圏。線とは、街道・航路沿い、鉄道沿線など他地域と結びつく線域商圏。面とは、大都市・平野部の面的な広がりを見せる連動商圏。弱者は点→線→面の順で攻略するのが原則。強者は面重視。


▲このページのトップへ