営業担当者攻撃量の法則

営業担当者の攻撃量=商談時間×商談回数(頻度)。一商談あたりの時間と回数が攻撃量。時間は質的な側面を、回数は量的な側面を示す。ルートセール型であれば、回数と頻度を特に重視。重点顧客において、ライバルに訪問回数で遅れをとってはならない。


▲このページのトップへ