石田雄二税理士事務所 > ビジネスにサクセスを! > 同族経営がもたらすプラスとマイナスは…

同族経営がもたらすプラスとマイナスは…

「…実は世界の最先端の経営学(とファイナンス分野の研究)
では、むしろ統計分析を使った実証研究の結果から、同族経営
は業績が悪くないどころか、非同族経営よりも業績が高くなる
可能性も主張されているのです。…」
「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」
(日経BP発行、入山章栄早稲田大学ビジネススクール准教授著)

企業ガバナンスの観点から、同族経営の弊害がクローズアップ
されることがありますが、最先端の経営学では、同族経営の利
点に着目されているようです。
以下、同書を引用しながら解説いたします。

■「同族経営は、日本だけに多いのではない。」

・「米国の雇用の6割以上は同族経営によるものと言われてい
る。」
・「世界27か国の企業規模上位20社についてデータ分析を
行った結果、創業者一族が株式の20%以上を保有してい
る企業の比率は、27か国平均で約30%」
(1999年ジャーナル・オブ・ファイナンス、米ハーバー
ド大学のラファエル・ラポルタ氏他)
・「米S&P500にリストされる企業のうち、3分の1が同
族企業である。」
(2003年ジャーナル・オブ・ファイナンス、米アメリカ
ン大学のロナルド・アンダーソン氏)
・「2000年時点での日本の上場企業1367社のうち、約
3割が同族企業」
(2013年ジャーナル・オブ・ファイナンシャル・エコノ
ミクス、加アルバータ大学のヴィカス・メロトラ氏他)

■「同族企業の業績は、非同族企業よりも優れている。」

・「米S&P500の403社のデータを使った統計分析から
は、同族経営のほうが非同族よりもROA(純資産利益率)
が高い。」
(上記同誌・アンダーソン氏)
・「米国の上場企業では、同族企業のほうが非同族企業よりも
業績がよい。」
(2015年コーポレート・ガバナンス、アン・インターナ
ショナル、オランダ・エラスムス大学のマルク・ファン・
エッセン氏他)

■「同族経営がもたらすプラスとマイナスは…」

○同族経営がもたらすプラスのポイントは、

・「創業家が大口株主であることで、「株主の利害」と「経営
者の利害」の齟齬が出にくい。」
・「もの言う株主となって、経営の暴走を抑えることができる。」
・「目先の利益よりも、長期的な繁栄を目指し、結果としてブ
レのないビジョン・戦略を取りやすい。」
・「創業家が持ち得る人脈や名声が、経営に貢献する。」

○同族経営がもたらすマイナスのポイントは、

・「資質に劣る経営者が創業家から選ばれてしまうリスク。」
・「株主である創業家が、身内の経営者に甘くなる。」

同族経営のプラス・マイナス面を、上記の様に解説しています。

■「日本最強の後継社長は婿養子である。」

・「同族経営の決定的な課題は、資質に劣る経営者が創業家か
ら選ばれてしまうリスク。それを解決するのは、婿養子。」
・「婿養子は長い時間をかけて外部・内部から選び抜かれた人
がなる場合が多いから。」

同族経営のリスクを解決する一つの方法は婿養子と解説されて
います。

■著者である入山准教授は、悪い側面が目立ってしまいがちな
同族経営について、そのプラスとマイナスの要素を丁寧に分
析しておられます。そのうえで、

・「創業家から後継者を出すことを積極的に否定する必要はな
い。」
・「意識して、厳しい目で後継者を鍛えること。」

が重要と解説しておられます。

一方、同族でない経営者を登用する時は、上記の同族経営のプ
ラス面を損なわないように、「創業家をリスペクト出来る人材」
でなければならないとおっしゃっておられます。

※最先端の「ビジネス知」が濃縮された読みやすい良書です。
ご興味のある方はご購読ください。
「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」
(日経BP発行、入山章栄早稲田大学ビジネススクール准教授著)


▲このページのトップへ