石田雄二税理士事務所 > ビジネスにサクセスを! > シェア7つのシンボル目標数値

シェア7つのシンボル目標数値

クープマンモデルから導き出された田岡・斧田シェア理論、73.9%(上限目標)、41.7%(安定目標値)、26.1%(下限目標値)の市場シェア3大目標値だけでは、分散型市場の目標値が足らないことから、26.1%×73.9%=19.3%(上位目標値)、26.1%×41.7%=10.9%(影響目標値)、26.1%×26.1%=6.8%(存在目標値)、6.8%×41.7%=2.8%(拠点目標値)の4つを導き出し、全体で7つの市場シェア目標値を体系化した。この活用は、第一に現在地を確認すること、第二に短期・中期・長期の目標づくりの判断基準にすること。40%シェア目標の天王山と言われ、トヨタ自動車や日本生命など、多くの企業がこれを意識している。40%を超えると、多くの場合、2位を射程圏外に引き離す。


▲このページのトップへ