石田雄二税理士事務所 > 人生にハピネスを! > 信念と希望を持ち続ける

信念と希望を持ち続ける

『人生の緊急事態に直面した人は、
そのときに自分の行く手を決めなければなりません。
一方の道は信念の道であり、もう一方の道は恐怖の道です。』


人生の緊急事態に直面しとき、
多くの人が恐怖の道を選んでしまうのは何故でしょう。

信念の道を選択する人は、
“ 信じること ”を胆に銘じています。

そして、日々の体験の中で迅速に勇気ある決断をすることで、
心のコントロールをしているのです。

恐怖の道を選択する人は、
積極的心構えを持つことを怠った人なのです。

同じような状況に遭遇した後、
ある人は高い地位につき、ある人は貧困に苦しんでいるとしたら、
その差は、心構えの差によって生じている場合がほとんどなのです。

心構えの差が、
信念という“勝利の道”と、恐怖という“ 敗北の道 ”の
行き着く先の差となって現われるのです。

そこでは、教育や経験、
個人の技能などは二次的な問題でしかありません。

信念の力は、誰にでも利用できるものです。

怠慢や無関心によってその力を生かしていないのだとしたら、
自分を恥じなくてはなりません。

ナポレオンヒル財団 認定インストラクター
            石田 雄二
<ナポレオン・ヒル財団アジア/太平洋本部より>
その日のメッセージに含まれた成功するためのアイディアを実践し、あなたの目標達成に活かして下さい。 一日の終わりには、自分の行動を見つめ直すための時間を数分でも取りましょう。 明日につなげる日々の成長を心がけて下さい。

▲このページのトップへ